スギヤマゲン ホーム > 病理検査

病理検査

病理検査室や解剖室で業務を行う医療従事者の方々は、臓器の切り出しや組織の固定などでホルマリンを使用するため、日常的にホルマリンに曝露され、化学物質過敏症、鼻咽頭がんなどの健康障害の危険に常にさらされています。
このため、厚生労働省は化学物質による労働者の健康障害防止の観点から、特定化学物質障害予防規則を改正し、ホルマリンの発散抑制措置を講じることを義務付けています。
当社では、ホルマリン除去装置やキシレン除去装置、ホルマリンの匂いを外に漏らさず標本の保存・輸送が行えるトリプルジッパーバッグの取扱いを行っており、病理検査室・解剖室の環境改善処置の提案を行っています。

※製品ページに掲載している価格は全て(税抜き)です。

病理検査関連

このページの先頭へ戻る