スギヤマゲン ホーム > 微生物検査 > 液相輸送培地の特長

微生物検査一覧ページへ

医療関係者向けのページです。

液相輸送培地の特長カタログPDF

医療関係者向けのページです。

液相輸送培地の特長

液相輸送培地の特長

ハイドラフロックで吸着した検体が、ダイレクトに液相培地にリリースされ、その液相培地をそのまま検査に使用できるので、病原体の検出率の向上につながる!

従来の半流動(ジェル)タイプの輸送培地では、輸送培地自体を検査に使う訳ではなく、培地から引き抜いた綿棒を検査に使用しますが、検体の一部は培地側に残留してしまいますし、綿棒に付いた検体も何処に残っているか分かりづらく、採取した検体を検査で捉えきれない可能性がありました。

ハイドラフロックの特長

均一な検体の懸濁液が得られ、検査の標準化につながります!

従来の半流動(ジェル)タイプ輸送培地では、綿棒に偏在する検体を検査に使うため、綿棒の取り扱い方によって、人による差が出やすい側面がありました。液相輸送培地では、均一な検体懸濁液が得られるため、検査の標準化につながります。

様々な検査方法に対応できます!

グラム染色や培養法は勿論、PCRやイムノクロマト検査等にも使用できます。

自動塗抹装置でも使用できます!

液相培地であるため、培地への塗布が簡便に行え、定量を接種できます。従来の半流動(ジェル)タイプ輸送培地では難しかった、自動塗抹装置への対応も容易に行えます。

スクリューキャップ式の容器は輸送時のバイオセーフティ上も安全です!

従来の半流動(ジェル)タイプ輸送培地のキャップはハメコミ式のものが殆どですが、液相輸送培地ではスクリューキャップを採用しています。検体を密封し、安全に輸送することができます。(WHOのガイドラインやIATAの規則では、感染性の危険物である検体を輸送する場合の1次容器はスクリューキャップ式の防漏型を使用すること、と定めています。)

このページの先頭へ戻る