スギヤマゲン ホーム > 微生物検査 > アネロパック・シリーズの特長について

微生物検査一覧ページへ

細菌培養ガス濃度調節剤「アネロパック®アネロパックシリーズ価格表PDF カタログPDF

アネロパック・シリーズの特長について

水・触媒不要の手軽な嫌気培養!

95kPa耐圧 BARRIAPOUCH(バリア・パウチ)

製造元:三菱ガス化学株式会社
総代理店:株式会社スギヤマゲン

アネロパック®の特長

手軽です
  • 特殊なガス環境を必要とする嫌気性菌、微好気性菌、炭酸ガス培養菌が、好気性菌と同じ手軽さで培養できます。
  • 細胞の低酸素障害実験・低酸素下での細胞培養も手軽に行えます。
培養結果が優れています!
  • 剤の反応速度がはやく、培養する菌に適したガス濃度を選択できるので、培養結果も優れています。
  • 嫌気培養では20%近い高濃度の炭酸ガス環境を得られますので、嫌気性菌の大きなコロニーが得られます。
経済的です!
  • 大掛かりな設備、特殊な機器を必要としません。温度コントロールのできる恒温機(インキュベーター)があれば使えます。
  • 使用する容器内が陽圧・陰圧・高温にならないため、安価な専用の培養用容器の他、お手持ちの密閉容器もご使用になれます。

【アネロパック®とは・・・】

アネロパックは酸素吸収・炭酸ガス発生剤です。ガス濃度調整剤とも言い、空気に触れると酸素を吸収し、炭酸ガスを発生させます。気密性の専用容器の中に入 れることにより簡単に特定のガス環境を作り出します。吸収・発生するガスの量を調節(※)することによって、嫌気、微好気、炭酸ガス雰囲気が容易に作れま すので、培養の難しい、大気と異なるガス環境の下でしか発育できない微生物(細菌)=嫌気性菌、微好気性菌、炭酸ガス要求菌の培養が簡単にできます。イニ シャル・コストがかかり、場所を取り、熟練が必要な嫌気チャンバーや炭酸ガスインキュベーターと違い、簡単に導入できて誰でもすぐに使用できます。

病院・検査センター等での細菌検査、保健所・衛生研究所等の食中毒菌検査、大学医学部・獣医学部・農学部等の微生物研究、企業の微生物研究、品質管理上の汚染菌検査等の分野で幅広く使用されています。

  • ※作り出されるガス環境(嫌気/微好気/炭酸ガス雰囲気)は使用する剤の種類と容器の種類の組み合わせにより決まります。詳しくは嫌気培養微好気培養炭酸ガス培養の各ページをご参照下さい。

このページの先頭へ戻る